きまぐれ写真的な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 超広角レンズで見る京都駅(2)

<<   作成日時 : 2014/01/18 23:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

京都駅ビルはアトリウムと呼ばれる空を望める吹き抜けの空間を谷に見立てたコンコースと、その東西から伸びる段丘(大階段と、連続するエスカレーターで構成)を京都の山に見立てています。谷(コンコース)は人が集まり行き交う京都の街中ですね。ビル内の広場も室町広場小路、烏丸広場小路と名付け、街中から山が見える京都をイメージした設計がなされた駅ビルなのです。
タイトルは「超広角レンズ・・・」ですが、正確にはVARIO 7-14mmは35ミリ換算14mmから28mmのズームレンズ。すなわち超広角域より長い24mm以上の一般的な広角の領域もカバーしているのでスナップ写真にも使え超広角領域を使わない場合も無駄にはなりません。
写真を撮るときカメラの水平をファインダーや画面の格子線で確認する事があると思うのですが超広角だと通用しないことが多いです。でもK-5やG7のように水準器が内蔵されていると大変助かります。
どうせ超広角だと物が傾いて写るので水平なんか気にしないし水準器なんていらねえ、な〜んて言う人がおられましたら、感覚だけでカメラを水平に構えて撮ることが余程うまいのでしょうね。

画像
7mm


画像
14mm
階段の色が変わります。夕方以降が良さそう


画像
7mm

画像
7mm
同じ被写体でもこちらのほうがインパクトがある


画像
9mm


画像
9mm
もう2、3歩前で撮れば良かった


画像
7mm


画像
7mm


画像
7mm

画像
14mm
カメラ位置は上の写真と同じです。


画像
13mm


 Panasonic DMC-GX7 + G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH.

最新の画像はこちらのブログになります→きまぐれ写真的な日々U(FC2ブログ)


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
   ↑  ↑
ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
超広角レンズで見る京都駅(2) きまぐれ写真的な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる